超簡単!!マンゴーを種から育てる方法

2022/04/21

ビオトープ・育成・飼育 生活・役立ち

t f B! P L
 こんにちは

海外(タイ)産のマンゴーを頂きました。
せっかくなので、このマンゴーを種から育ててみることにしました!!

まずは、果実の中心にある種を取り出すために三枚におろします。
僕は怖かったので少し厚めに切ってしまいましたが、種は堅い殻で守られているので、殻に添わせるように包丁を入れて大丈夫です。
包丁から伝わる感覚で硬さがわかります。




このハッピーターンのような白く硬い殻の中に種があります。
中に居ます!!

1つのマンゴーから採れる種はたった1つです。
貴重な種を傷つけないように殻をむきます
思ったよりも大きく重いです。豆のようでもあり虫のようにも見えるような...
水耕栽培で芽が出るようなので水に漬けて置きます
1~2週間ほどで根が出ました
(毎日水替え:種が半分ほど漬かるくらいの量:室温10~15度くらい)
更に水に漬け続ける事2週間
芽と根も伸びてますますゾワゾワするフォルムになってきました。

順調に育っているので、もう少し芽が育ったら鉢に植えようと思います。
赤玉土2:鹿沼土1:バーク堆肥1の土で育てると良いらしいです(自己責任で)

果物は食べ終わっても楽しむことができる所が素晴らしいですね!

ちなみにタイ産のマンゴーの味ですが、桃にリンゴっぽい味を混ぜたような、丁度良い酸味とさっぱりとした甘みで、とても美味しかったです!
ご馳走様でした!

果物は種までしゃぶり尽くすべし!!

5/3追記
上の画像から約一週間後...
芽と根が更に成長したので鉢に植える事にします。


果樹を育てるための最強の土の配合

用土は赤玉土4:鹿沼土3:バーク堆肥3の割合で混ぜて作ります

赤玉土:
植物の生育に適した基本用土で、保水性、排水性、保肥性に優れています。

鹿沼土:ポンジのような形状をしていて、保水性や通気性、排水性に優れています。赤玉土よりも排水性に優れていて、土質は弱酸性です

バーク堆肥:樹木の皮を原料とした堆肥で、土をふわふわにしたり、水はけを良くする、植物に栄養を与える効果があります。腐葉土よりも栄養素が少ないので栄養過多になる事が少ないので、植え替え時や土壌改善をしたい時に効果的です。

上記3種類の土をバランスよく混ぜる事によって、植物の成長に良い、
水はけも良く、適度な水分を保ち、成長するのに必要な栄養が入ったふかふかの土が出来上がります。
僕はこの秘伝の土の配合を伝説的な果樹園のオーナーに教わりました。(←別記事にて)


家に10号くらいの菊用の植木鉢があったので、植え替えて完了です。
根が育つためには、なるべく余裕のある大きさの植木鉢がいいですよ。
成長が楽しみです!

最近の投稿

珍しい果物 ジャボチカバを種から育ててみよう

近年まれにみるガーデニングブームの中、最近はユニークな果物を育てる事がセレブの間で静かなブームになっています。 その中でも取り分け異彩を放つ果物 「ジャボチカバ」 ブラジルやボリビアなどの南米原産の植物です。 ライチに似た風味で甘みもあり、現地ではポピュラーな果物ですが、日本では...

QooQ