【育成】さくらんぼを種から育ててみよう

こんにちは!クレです

初夏と言えばサクランボの季節ですね。
甘酸っぱくておいしいサクランボ


バラ科サクラ属サクラ亜属のサクランボは
桜桃(おうとう)とも呼ばれているように
大きくなると桜の様な樹木になります。

あんなに小さなサクランボが大きな樹木になる。
想像したら育ててみたくなりますよね!

そこで食べ終わったサクランボの種を育ててみようと思います。
まずは種からの発芽率ですが、なんと驚きの10%とのこと
かなり低い確率です。
普通にサクランボの種を土に植えただけでは発芽しないでしょう。
それは経験済みです。

じつは1年前にも種を植えたのですが、
発芽させることは出来ませんでした。
1年前の物、50個植えましたが
発芽率0...全滅です!
そこで今回は、前回よりも丁寧な手順で植えていきたいと思います。
これでダメなら来年からは諦めます。
それではさっそくやってみよう!

サクランボを種から育てよう!

用意するもの
①サクランボの種
②植え替え用の容器と土
③種を割る為のニッパー


種から育てる手順
①食べ終わった種を洗う
種の周りのヌルヌルは水洗いしてしっかり取りましょう。

②水洗いした種を水に浸け、浮いてしまう種は捨てましょう
浮いてしまう種はまず発芽しません

③種が乾燥しないように湿らせたキッチンペーパーにくるみ冷蔵庫で3日寝かせる
タッパーに入れておくと簡単です

④発芽率を上げるために、外側の堅い殻を割る
この作業は重要です。ニッパーで殻に沿って縦に割るときれいに割れます

⑤種まき用の容器に土を入れ種をまく
容器に入れた土に水を吸わせその上に種をまく

⑥土をかぶせて完了

トレーには45個の種を植えたので、
発芽率が10%なら4~5個発芽するはずです。

結果が楽しみです。

種まきから3日後:発芽なし


0 件のコメント :

コメントを投稿