【生活・役立ち】めちゃ簡単なAmazon返品方法

こんにちは!クレです

もはや生活の一部となっているネットショッピング

便利なのですが、いつも不安に思う事があります。

『不良品が来た時の返品・返金が簡単に出来るのか』

そこで今回は
ネット通販大手のAmazon(アマゾン)で実際に行った
返品・返金の方法を紹介します。


今回返品したものは、
653円のイヤホンです。

少額だから、中華製なんてこんな物だから
と泣き寝入りする事はやめました。

少額だろうと立派なお金です!
コツコツためれば家が建つ!
という訳でさっそく返金手続きをしていきましょう!

返品までの流れ

①不良品を確認
②Amazon注文履歴から商品の返品』を選択
③送り状をプリントアウトする
④返品するものを梱包する
着払いで発送する
⑥返品(返金)完了!

それでは、実際の手順を説明していきます。

①不良品が届いた

問題のイヤホンマイクです。
プラグが抜け落ちそうでグラグラしています。
もちろん認識もしないので、全く使い物になりません。
出荷する前にわかるだろ!と言いたくなるほどの不良品なので
怒りに震えながらサクッと返品します。

②購入履歴から商品の返品を選択

画像を撮り忘れてしまったので2枚目はサンプルですが、
返品したい物の『商品を返品』を選択。
いろいろと返品したい理由が選択できるので
『商品に不具合、損傷がある』を選び
どのような不具合(症状)があるのかコメントを記入します。

その後、返品(返金方法)を選択します。
①同じ商品と交換
②返金:アカウントのギフト残高(アマゾンポイント)
③返金:クレジットカード
の3つの中から選べます。


③.④送り状をプリントアウトし梱包する

返品方法を選んだら、画面の指示に従い
アマゾン返品係あての送り状をプリントアウトします。(2枚)
送り状を梱包材に貼りつけ『アマゾン返品係』に送ります。
※梱包材は商品が入っていたダンボールやレターパックを再利用すれば
無駄なく返品できます。

Aの方は梱包した物の外側に貼り付けます

Bは返品するものと一緒に入れます

⑤宅配業者を選び『着払い』で発送する

アマゾン返品手続きの指示に従い配送業者を選びましょう。
僕は郵便局を選んだのですが、
集荷手続きもガイダンス通りにやるだけなので、
とても簡単に出来ました。
不良品の返品なので、配送は着払いにしましょう

集荷:荷物を取りに来てもらう事
着払い:送料を相手が払う事(この場合,販売店)
元払い:送料を送り主(この場合,自分)

⑥返品(返金)完了

返品した物がアマゾン返品係に確認されたら、
返金完了です。
返送から返金まで3日くらいでした。
とても簡単でした。

まとめ

やってみるとAmazonの返品はとても簡単でした。
たとえ少額であっても不良品を送って良い訳がありませんので
少額だからと言って泣き寝入りせずに、返品することをお勧めします。
※販売店からの嫌がらせもありませんでしたw

ただ返品の際に気を付けてほしい事は、返品の理由です。
返品理由の中には
「間違えて注文した」
「都合により必要なくなった」
「思っていたサイズと違った」
等の自分本位な理由もあります。

買った物が不良品だったのなら返品は当たり前ですが、
自分が思っていたイメージと違ったから返品するという行為は
スジが通らないと思います。

売り手と買い手、
お互いがモラルを持つ事が、
ネットショッピングの質を上げていく事に繋がると思います。

モラルとは:倫理、道徳、生き方!


0 件のコメント :

コメントを投稿