新型コロナウイルス対策と塩素消毒液の作り方 保存版

2020/02/09

おすすめアイテム 生活・役立ち

t f B! P L
こんにちは!クレです。

2019年12月から、
中華人民共和国湖北省武漢市を中心に世界中へ新型コロナウイルスが拡散しています。
各地への拡散と共に
マスクの買い占め、転売、除菌製品の売り切れなど、社会問題になっています。

そこで、この記事では

現在、新型コロナウイルス感染予防に有効だと思われる、
塩素消毒液の作り方や使い方を紹介します。
正しく使って感染予防に役立てて頂ければと思います。

新型コロナウィルスとは

中華人民共和国湖北省武漢市から発生したと考えられているウイルスです。
新型コロナウィルスによって発症すると、
発熱、咳を中心とした呼吸器症状が発症し、
高齢者や基礎疾患(気管支系など)のある方は肺炎など重症化する恐れがあります。

2020/2/9現在...予想や憶測が飛び交っていますが感染源は不明です。

感染経路について

現在、新型コロナウィルスの感染経路として2つ考えられています。

①飛沫感染:
感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを、口や鼻から吸い込む

②接触感染:
感染者が手で咳やくしゃみを押さえ、周りの物に触れてウイルスが付き、
別の人がそのウイルスの付いた物を触ってしまいウイルスが口や鼻の粘膜から侵入する。


対策方法

現在、新型コロナウイルスに対するワクチンや特効薬はありません。
しかし、風邪やインフルエンザ等の感染症と同様の対策が有効とされています。

①マスクを着用する

②石けんと流水で手を洗う(超重要)

③ドアノブやトイレの便座、レバーなど手が良く触れる場所は、
消毒用エタノールや希釈した次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)をしみ込ませたペーパータオルなどでふき取る

2020/2月現在
マスクと消毒用品は品切れ品薄状態なので
希釈した次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)の消毒液の作り方を紹介します。
家庭にあるもので代用でき、少量の原液で作ることができるので品切れになる心配は少ないです。

塩素消毒液の作り方

ハイターやブリーチの次亜塩素濃度は約6%です
次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めて『塩素消毒液』を作ります。

家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系で代用できるので
薬局などで売っているキッチンハイターブリーチを使います。

※次亜塩素ナトリウムの濃度は各商品によって違う場合があるのでラベルを確認してください。

1リットルの水に対して、20ml入れれば1000ppm(0.1%)の塩素消毒液をつくる事が出来ます。

500mLのペットボトルに、キャップ2杯(10ml)を入れる方法が簡単です。
広島市HPより

塩素消毒液の使用方法と注意点

使用方法
使い方はとても簡単で
消毒液をペーパータオルや布にしみ込ませて、

トイレの便座・フタ
水洗レバ―
ドアノブ
手洗い場の蛇口
シンク
手すり
車椅子の持ち手
など
手が良く触れる場所を拭くだけです。

注意点
①次亜塩素ナトリウムには使用期限があるので早めに使い切ってください。
(使用期限が過ぎると塩素の濃度が薄くなって効果が無くなってしまいます)

②皮膚への刺激が強いので手洗いには使わない事。
(手が荒れたり塩素の臭いが付きます)

③基本的には金属には使わない
(金属が腐食します)

④衣類などの布(繊維製品)は色落ち・脱色してしまうので使わない。

⑤誤飲をしないために『消毒液』とボトルに書く

⑥消毒液を他の液体と混ぜない事

注意点の方が多いですが、
正しく使えば塩素系消毒液はウイルス対策として有効なので、
是非活用してください。

なぜ塩素系消毒液なのか?

塩素は水道水の消毒にも使われており、

安全性が高い
細菌、ウイルス、原虫などの微生物に対する消毒効果が他の消毒剤よりも強い
有効時間が長い
安価で実用的
という特徴を持った消毒液だからです。

簡単に説明すると
塩素はアルコール等ほかの消毒剤よりも、
ウイルスの細胞壁を破壊してウイルス内部に浸透して
消毒する力が強いです。

なのでノロウイルス対策にも必ず塩素を使います
(ノロウイルスにアルコール消毒は効果が期待できません)

まとめ

新型コロナウイルスに限らず、
ノロウイルス、インフルエンザ等の感染症に有効な予防方法は、

1・石けんで丁寧な手洗いをする事!(30秒以上)

2・マスクをする事!(咳が出ていなくても)

3・なるべく人ごみに行かない事!

この3つの事です。

正しい予防方法で感染リスクを少なくしましょう。
衛生管理技術者クレ


テンバイヤーへ
※塩素消毒液は、少量の原料でたくさんの消毒液を作ることができるので買い占め、転売は出来ませんよ!

QooQ