【エッセイ】【ダウン症&療育】このブログはエッセイ?コラム?それともポエム?

大人の指を握る赤ちゃんの手のイラスト
こんにちは!クレです。

今日からエッセイを取り入れようと思います。

このブログはいわゆる雑記ブログです。
自分の経験や感想を、元にして記事を書く事にしているのですが、
どうもこの雑談カテゴリーがしっくりきません。

一人なのに雑談...
記事の内容は主に感想です
僕の感想なのです。

という事は、これはエッセイと言った方がしっくりくるのかもしれないと、
エッセイという形で記事を書く事にしました。

エッセイとは、

随筆(ずいひつ)とは、文学における一形式で、筆者の体験読書などから得た知識をもとに、それに対する感想思索思想をまとめた散文である。随想(ずいそう)、エッセイエッセーessai[1]essay[1])などともいう。「essai」の原義は「試み」であり、「試論(試みの論文)」という意味を経て文学ジャンルとなった。 Wikipediaより引用
要するに
筆者の感想や思想をまとめた文章という事だと思います。

ただの雑談として書いていくよりも
エッセイとして意識して書いていく事が出来れば、
文章力も上がりそうです。

小学生のころ教科書で読んだような
「生涯で二度と見ることのできないような素晴らしい入道雲を...」
という椎名誠氏のようなエッセイが書けたらなぁ...と思いましたが
僕の方向性は少し違うような気がしますw

※この教科書のエッセイを「入道雲」というタイトルで覚えていたのですが全然違いました。しかも読んだのは中学生だったかもしれません...
人間の記憶なんて曖昧なものです。

世間一般のエッセイと僕のエッセイは
解釈の違いがあるかもしれませんが、
このクレブロの中では僕のエッセイがエッセイなのです。
兎にも角にも
エッセイというものを手探りでやっていきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願い致します。


と前置きが長くなりましたが、
本題に移ります

息子の記事を書くためにエッセイが必要

僕の息子は『ダウン症候群』です。

このクレブロは雑記を主体としつつ、
ダウン症候群についての療育や知識を書いていくために始めたブログですが、
障がいについての思想のカテゴリーが決められずにいました。
記事というよりも、日々の感想が主体になるので、
エッセイとして書いていくほうが書きやすいかな?という中でエッセイと言う形にしようと思いました。

今後クレブロでは
すでにダウン症児を育てている方、
これから育てていく方の為になるように、
自分の体験をもとに
「こうすればよかった」、「やっていてよかった」
というような記事も書いていこうと思います。

エッセイと言う形がいいのかはまだわかりませんが、
ハイブリッドブログ()になるように頑張りたいです。
エッセイ、コラム、ポエム...好きなように受け取ってもらえれば幸いです(小声)


これからダウン症児を育てることになった方へ一言

『ダウン症児と暮らす毎日は、今あなたが思っているような絶望な日々ではなく、意外と普通の生活ですよ』
4歳のダウン症児の父:クレより

※証拠は、
このブログで色々と普通に発信できている事ですw

あと
生まれてからの写真はたくさん撮っておいてあげてください!!
撮っておいてよかった😄と思える日が必ず来ます。

0 件のコメント :

コメントを投稿