ひとごとじゃない 長崎市の私道封鎖問題 


こんにちは!クレです。

長崎市の私道封鎖が問題になっていますね。
報道されている情報からの判断になりますが、個人的な意見を書きたいと思います。
なんで関係のない僕が記事にするのかというと、
このニュースを見ていて他人事ではないと思ったからです。
産経新聞
ではいきます。

長崎市私道封鎖問題とは

長崎市の住宅団地内を通る私道を所有する不動産管理業者が道路の一部を封鎖し、住民側(7人)が通行妨害の禁止と妨害物の撤去を求める仮処分を長崎地裁に訴えた

封鎖された道路は私道で不動産管理会社が所有しています。なぜ所有者が訴えられたのか?

地域住民・不動産管理会社・長崎市の言い分


住民...50年以上使ってきた生活道路で封鎖されると、生活が不便になり緊急車両の通行の妨げにもなる。

管理業者(私道の所有権を別の業者から取得)...市へ私道の譲渡を申し入れたが、業者負担の道路の一部整備などの条件があり譲渡を断念。地域住民へ買い取りや通行料を求めたが断られたため封鎖をした。

市...民間同士の話なので市は介入できない。

僕はこう思う

50年以上生活道路として使っていたとしても、あくまでも不動産管理会社の厚意によって使わせてもらっていただけなのだから通行料を支払うべきだと思う。
報道されている情報の中だけでの判断になりますが、

不動産管理会社:私道の所有権を取得したけど維持管理費がかかるから市に譲渡したい

長崎市:「不動産管理会社が整備してからなら譲渡を受けます」(この時、私道整備の助成制度がある事を教えていない)

不動産管理会社:整備するお金がないから私道を地域住民で買い取ってください

地域住民:昔から使っていた道なんだし断る

不動産管理会社:じゃあ維持管理費(通行料)を下さい

地域住民:断る

不動産管理会社:封鎖します。通らないで

地域住民(7人):訴えるわ!

長崎市:民間同士の話なので市は介入できません

コレはひどい

これからも私道を使うためには


プラン1
地域住民(自治体)が不動産管理会社から私道を買い取る。

プラン2
長崎市の私道助成制度(整備費の9割助成)を使い整備後に市に譲渡する。(地域住民が道路整備費の1割を負担)

アレもいやコレもいや、今まで通りに使いたいけど自分は負担をしたくない。
僕そういうの好きじゃないです。

私道の価格が3000万円という報道もありますが、地域住民100世帯(200世帯という情報も?)で分割すれば一世帯当たり30万円もしくは15万円...大金ですが自分たちの生活道路なら買いとった方がいいかと思います。
生活が不便になって困る、緊急車両が~と言うのなら、少しでも負担を減らせるような現実的な方法で解決していくのが建設的なのではないでしょうか?

プラン2ならもっと安く済むかもしれません!
それぞれの負担が少しでも軽くなるように
落ち着いて話し合えって!
(あいみつは必須!必ず3社以上から見積もりを取ってね!)


道路も建物も作ってからも、お金がかかります
東京オリンピック2020!
お前もやぞ!

終わったあとどうするんじゃ!

※僕は法律家でも当事者でもないから本当の事はわかりません!とりあえず自分の生活道路が公道私道か調べておいた方が安心できますね!以上!ニュースの感想でしたw
※長崎市については、助成金制度を伝えなかったのはどうかと思いますが、整備されていない私道を譲渡されたら市の財政を圧迫する事になるので、致し方ないと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿