感情の高ぶりに任せて、記事を書いていいのだろうか?

こんにちは!クレです

今日はブログについて書きたいと思います。

ブログを初めて早3か月...あっという間に時間だけが過ぎ去っていきます
歳をとると、こうも時間の進みが早いのか...と実感させられます。

前置きはさておき、ブログを始めると日常で起こったことを書きたくなってしまいます。その時、喜怒哀楽どの感情に依って書くのかで、だいぶ記事の内容が変わってきますよね。

例えば、回転ずしに行ってきたのですが、両隣の席が最悪でした。

僕がイラついた4つの理由

1.A席 子どもが、座席の上に立つ(モンキーか?モンキーなのか?)
2.B席 子どもが、座席越しに覗いてくる(うざったいからこっちを見るな)
3.子どもが、レーンを触る(汚いからさわるな)

4.親が叱らない(お前ら恥ずかしくないの?)

1.食事中に立ち上がるなんてマナー違反、我が家では食事中に席を離れたら、御馳走様、食事終了です。しっかり教えていけば3歳児でもできる事。

2.人の事をじろじろ見るのはやめなさい。必要もないのに指をさしたり、見ていたら相手を嫌な気持ちにさせてしまうよ?下手すりゃ喧嘩、これもしっかり教えればわかる。

3.自分が買わない、食べないものを触るのはやめなさい。お金を払うまではお店の物だし、本当に買う人が買わなくなってしまうよ?...これも教えていけばわかる

4.しっかり躾をしていれば全部できる!
それを教えるのは親の役目です、学校の役目ではありません
おやがおしえてあげることだよ...ひらがなでかいておいたぞ
僕だったら恥ずかしいから店出るわ

回転寿司はファミリー層もたくさん来る安いお寿司屋さんです。
だからと言って何をしてもいいわけではないですよね?
高級店よりも安価なだけであって、「立派な飲食店」です。
マナー違反は周りの人にも迷惑だし、あなた達自身が恥をかいています。(わからないと思うけど...)

なぜマナー違反を直接注意しないのか?

関わりあいたくないからです。
言ったってわからないと思うので言いませんし
ロクな事にならない予感しかしない

結論

最低限のマナーを守れない人は外食をするべきではない


怒りの感情に任せて記事を書いた結果

熱量はあっても攻撃的な内容になってしまいました...
落ち着いてから記事をかけば、
座っていられない理由、人の事が気になる理由、叱らない理由を掘り下げて考えることができるのかもしれませんね。

いろいろな視点から物事を見ることができる人間になっていきたいです。
ブログは自分を見つめなおす良いツールなのではないでしょうか?

フラットな気持ちで一言...


ブログは熱量で書きます!

0 件のコメント :

コメントを投稿